健康住宅を新築一戸建てで建てる研究会愛知支部

健康の定義は

WHOでは身体的・精神的・社会的にも完全に良好な状態とされています。しかし、現代社会の中でこの定義を満たす人々はそうはいません。この3つすべてでは満たせていなくとも、1つ2つは満たしている人々はいます。

高齢化

以前は無病息災が良いとされてきましたが、最近では高齢化が進み、病気の1つ2つあることが当たり前となってきました。生活習慣病からの病気が多いため、最近では一病息災の言葉の出現につながってきています。また、職場の人間関係などでうつ病などを発症し、長期的に薬を内服して症状が出ないようにコントロールすることでよい健康状態を保ち、仕事ができています。
生活習慣病予防には栄養をバランスよくとり、運動不足にならないようにすることが大切と言われておりますが、それだけは良くなりにくいこともまた事実です。

住環境と住人の健康の関係

昨今、住環境と住人の健康の関係が新しい健康へのアプローチとして注目されています。室内の温度や湿度がどう影響するのか?

ここでは、そろそろ住宅を建てようと思っている方に、住環境をどう整える家を建てるのかを考えていきます
ここのブログでは、私の住んでいる愛知県刈谷市で新築一戸建てを健康住宅で建てるにはをテーマに書いていきます

PR|工務店向け集客ノウハウ 生命保険の口コミ.COM 生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん お家の見直ししま専科 健康マニアによる無病ライフ 女性向けエステ.com マッサージのリアル口コミ.com 住宅リフォーム総合情報